景観水の設計



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

景観水の設計

ランドスケープウォーターデザインは、ランドスケープアーキテクトとランドスケープエンジニアに関連するランドスケーププランニングの設計哲学の本体です。

景観水設計の歴史

景観水の設計は、自然史、生態学、および設計と密接に関連しています。

景観水の設計は、単一の分野ではなく、科学と芸術を統合する新しい分野です。過去20年間、ランドスケープアーキテクト、ランドスケープアーキテクト、ランドスケープエンジニアは、ランドスケープウォーターデザインの特性を利用してデザインコンセプトに組み込むことにより、ランドスケープをデザインする新しい方法に取り組んできました。景観の基本的な地質学的、水文学的、生態学的、環境的、および気候的特性の研究を通じて、景観設計者は景観計画の基本原則として景観水設計を確立することができます。ランドスケープウォーターデザインは、新しいランドスケープデザインコンセプトとして確立されました。

ランドスケープアーキテクトとランドスケープエンジニアは、次の側面でランドスケープを設計する新しい方法に関与しています。

景観水設計のプロセス

意味

景観水設計とは、景観水の特性に基づいて景観を設計するプロセスを指します。

景観水の現状に応じて、景観設計の目的を達成するために、景観設計者はまず景観水設計の目的と景観水設計の基本原則を確立し、次にそれぞれについて包括的な景観水調査と研究を行う。風景の一部。これに基づいて、ランドスケープアーキテクトはランドスケープウォーターの基本的な状態を研究し、ランドスケープウォーターの設計に不可欠なランドスケープとランドスケープウォーターの関係について包括的な研究を行います。景観水特性分析結果と景観水設計の設計原理に従って、景観設計者は景観水設計の規則と規制に従って景観を設計します。

ランドスケープウォーターデザインとランドスケープデザイン

デザインのコンセプト

景観水の設計は、全体的な景観計画に統合する必要があります。景観水の特性に応じて、景観水の設計は以下の側面で実現されるべきである。

まず、景観水の設計は景観計画の重要な部分です。ランドスケープウォーターデザインを使用すると、ランドスケープアーキテクトはランドスケープウォーターの利用を最適化し、ランドスケープの美学を向上させることができます。景観水の設計は、景観計画の前と最中に実行する必要があります。これにより、景観計画の最初から最後まで景観水計画が実施されることが保証されます。

さらに、景観水の設計と建設が景観に損害を与えないことを保証するために、景観水の設計が必要です。つまり、水、水ネットワーク、および周辺の土地を含む景観水の構築プロセスは、景観の美学と景観の調和に影響を与えるべきではありません。

さらに、造園用水の設計は、造園工学の重要な部分です。たとえば、景観水は、全体的な景観美学、景観機能、景観の調和、地域の景観に影響を与える重要な要素です。したがって、ランドスケープウォーターデザインの実装では、ランドスケープエンジニアは、ランドスケープウォーターがランドスケープアーキテクチャの美学、機能、調和に悪影響を及ぼさないように、ランドスケープウォーターデザインに細心の注意を払う必要があります。

景観水の設計は、景観計画の重要な部分です。景観計画では、景観水の設計は、景観水の実際の実装と設計だけでなく、水域と構造物の位置とレイアウトにも関係します。

さらに、景観水設計は、水ネットワークやその他の水構造の設計と建設を含む、景観水の設計の重要な部分です。景観設計者は、景観計画の範囲内で景観水を設計し、景観要因と景観資源を考慮に入れる必要があります。

景観水のレイアウト

景観水設計の目的は、景観設計と建設の目的で景観水を適切に利用できるようにすることです。したがって、景観水の設計は、景観水の設計と建設の前または最中に実現する必要があります。

景観水のレイアウトは、通常、景観水の設計と建設の前または最中に実行されます。ただし、ランドスケープウォーターのレイアウトは、ランドスケープアーキテクトだけでなく、ランドスケープエンジニアおよびランドスケープウォーターの専門家にも依存します。景観水レイアウトは、景観水の設計と建設の性質に基づいているため、景観水レイアウトは、景観計画の特定の状況に左右されます。ただし、景観水の設計を適切に実施できるように、景観水のレイアウトはできるだけ早く実行する必要があります。

景観水

景観水は、景観の美学、景観機能、景観の調和、地域の景観に影響を与える可能性のあるすべての水として定義されています。景観水の基本的な目的は、景観の設計と建設のための水源を提供することです。景観水には、景観水と灌漑用水の両方が含まれる場合があります。景観用水の主な種類は次のとおりです。

水域

それは美的効果を提供することができるあらゆる水を指します。場合によっては、景観建設を目的として建設されます。景観用水の設計では、景観用水は、景観用水資源と景観用水の利用可能なスペース、および景観用水の設計要件を考慮する必要があります。景観水は、主に色、音、温度、湿度などの水の特性を考慮する必要があります。

排水

排水は灌漑用水と呼ばれます。通常、天然水源から取水されるのは水です。排水する前に、通常、景観水質を改善するために特定の処理を実行するために景観水が必要です。

景観水計画

景観水計画は、景観水の実際の設計と建設の前の予備計画です。景観水と景観水のレイアウトの詳細な説明を提供します。これは、景観水の設計と建設に不可欠です。景観水計画には通常、景観水計画の事前設計、設計、建設など、特定の設計プロセスがあります。

景観水のレイアウト

景観水では、レイアウトとは、景観水をどこにどのように配置するかを決定するプロセスを意味します。景観水のレイアウトは、通常、景観水の設計と建設の前または最中に実行されます。景観水のレイアウトは、景観水の設計と建設のレイアウトに依存します。

景観水平削りプロセス

景観水を設計するプロセスには、次の主要なステップが含まれます。

1.水と環境の分析:水と環境は、景観と人々に密接に関連しています。景観水を設計する際には、景観水の環境要因を考慮する必要があります。たとえば、水の環境は周囲の環境と地形を考慮に入れる必要があります。植物を含む景観環境と接触した水は、景観水として知られています。この景観水は適切に管理および処理されるべきであり、必要に応じて放出されるべきです。噴水やプールなどの水路を設計する場合、最も基本的な設計は次のとおりです。水路の場所、水路の種類、水の種類、水の量、水環境、景観への影響など。

2.景観水の計画と設計:景観水の分析と決定が行われ、周囲の環境と建設が考慮された後、景観水のレイアウトと計画が設定されます。レイアウトとは、景観水をどこにどのように配置するかを決定するプロセスを意味します。計画とは、景観水の場所と設計を決定する必要があることを意味します。その後、周囲の環境や場所などの要素に基づいて、景観水のレイアウトが決定されます。このプロセスの後、景観水の設計が完了します。

3.景観用水の建設:景観用水のレイアウトと設計が完了した後、実際の建設が行われます。

4.景観水の改善:景観水が完成すると、多くの理由で景観水が満足のいくように見えない場合があります。したがって、景観水の改善が必要である。最も一般的な改善は、再調整とメンテナンスです。

適切な景観水を選択する方法

景観水分析と設計プロセスを分析した後、顧客は景観水についてより深く理解し、景観水の要件がより正確になります


ビデオを見る: 和風 アクアテラリウムが簡単に作れるキット 盆水


前の記事

イタリアのサイトcar-brand-names.comの自動車製造プランタ

次の記事

緊急ケア待合室近代的な植物の仕切り